会社概要 技術 チップボイラー・太陽光発電 方針 資料請求 関連リンク

チップボイラー・太陽光発電

製品概要・特徴
本体仕様・配置図
木質バイオマス
導入事例紹介
パンフレット(PDF)

木質バイオマス

木質バイオマスとは?

 バイオマスとは自然がつくり出す植物やその植物を食べる動物のことです。ですから、バイオマスの種類は農業や林業の副産物、家畜のふん尿や生ゴミまでさまざまあります。そのうち、木に由来するものを「木質バイオマス」といいます。

木質バイオマスエネルギーの活用

 最近、給湯・暖房・乾燥などの熱源の燃料の選択において木質バイオマス燃料を既存の石油やガスなどの化石燃料に加え、積極的に検討するケースが増えています。その理由は・・・

 地球温暖化の防止
 木質バイオマスのエネルギー利用は、「カーボンニュートラル」という特性から、新エネルギーとして位置づけられており、化石燃料を木質バイオマスで代替することで二酸化炭素の排出量を抑制することが可能です。
 石油や石炭を燃やすと二酸化炭素や硫黄酸化物、窒素化合物が発生しますが木材を燃やしてもほとんど発生しません。
 環境をよごさないという点で木質バイオマス燃料が地球温暖化には中立であり、化石燃料より優れています。
(※カーボンニュートラル:木材が持続可能な経営の下で生産された資源であれば、木材を燃やした時に発生する二酸化炭素は、もともと大気中にあった二酸化炭素が光合成 により固定されたものです。このため、適切な量を利用していく限り、大気中の二酸化炭素が増加することがありません。 )

 林業の活性化
 木質バイオマス、特に森林由来の間伐材など地域の未利用資源をエネルギーとして利用することで、資源の収集や運搬、バイオマスエネルギー供給施設や利用施設の管理・運営など、新しい産業と雇用が創られ、山村地域の活性化にも貢献します。

 エネルギー自給率の向上
 我が国ではエネルギー需要の多くを輸入された化石燃料に頼っています。
 エネルギー源の多様化、リスクの分散という意味からもバイオマスエネルギーの利用を広げていく必要があります。日本全体のエネルギーの需要は膨大であり、これを木質バイオマスだけで賄うことはできませんが、貴重な国産のエネルギー源として、利用が期待されます。

 このようなことから木質バイオマス燃料が注目され様々な方面で取り組みが始まっています。

木質チップについて

 
  ■木質チップ(製紙用チップ)

地球に優しい木質バイオマスエネルギー

 木質バイオマスエネルギーとは、これまで利用用途の少なかった林地残材、間伐材、枝条、製材端材などの木質材料から取り出されたエネルギーのことをいいます。地球温暖化防止に寄与すること、地域の林業振興に繋がること、自給可能なエネルギーであることから、導入に向けた取り組みが全国的に広がっています。

木質チップとは?
 木質チップは、チッパーと呼ばれる加工機で、木材を切削もしくは粉砕することにより製造されます。燃料コストも安く、チップ製造工場も全国に数多く存在することから、燃料としての利用拡大が望まれています。

木質チップの含水率について
 木質チップ製造工程には乾燥工程を含まないために、チップ工場から出荷されるチップは含水率が高いものが多く、また樹種、季節、保管状況の違いにより大きなばらつきもあります。いわて型チップボイラーはこのような様々な含水率のチップに対応することが出来ます。

※一般的には燃料チップの含水率は次に示す乾量基準含水率で表します。
 乾量基準含水率=(木材に含まれている水分重量/木材の絶乾状態の重量)×100(%)

一週間あたりのチップ使用量の目安

※算出条件(含水率100%)

チップ発熱量:2.26kw/kg
ボイラー効率:80%
チップ比重:0.5
稼働時間:24時間/日

チップの含水率と発熱量の相関関係グラフ

チップ燃料の品質

1.形状(要因)
1) 原材料(樹皮・枝の有無)
2) チップ化方式

2.含水率(要因)
1) 原材料(樹種・部位)
2) 原材料の乾燥状態
3) チップの保管状態

Co2削減量

CO2削減量 約90t/台

算出条件:
 平均出力80
 1日あたりのチップ使用量1,061kg
 稼働日数150日
 1日24時間稼働

算出根拠:
 平均出力80%とした場合
 稼働日数
 30×5ヶ月=150日稼働
 1061kg×2.26kw×150日=359,679kw

 重油換算
 359679kw÷11kw/L=32,698L
 32,698×2.71kg-CO2/L=88,611kg

※11kw/L(重油の発熱量)
 2,71kg-CO2/L(重油のCO2排出係数)

ページのトップへ
Copyright (C) OYAMADA ENGINNIERING CO. Ltd., All right reserved.